QC活動を各地で展開

QC活動QC活動を通じ、現場レベルからの生産ライン効率化も行っています。「作業者のライン~トレイ間の往復動作見直し」「作業位置の見直し」「ボトルネック工程の改善」など、小さな改善をひとつひとつ積み重ねることで、効率化を実現。少ない工程数で高品質の製品づくりに取り組んでいます。

左の図は、第5753回 QCサークル近畿地区大会へ出場の際の写真です。

ある製作所での活動概要
液晶パネルの製造工程において、異物不良を半減させる取り組みを実施、65%の削減を達成しました。このような活動は全国の製造現場で日常的に行われています。
QC活動1
QCサークルを作り、勉強会を開催し、QC検定3級を取得。
QC活動2
QC7つ道具を使い、進め方などを決めてゆきます。
QC活動3
問題点を抽出し、現状分析を行います。
QC活動4
特性要因図を使って、要因の洗い出しを行います。
QC活動5
改善案を検討し、実際に行なってみます。
QC活動6
改善は1つだけでなく、系統図を使って複数の案を出し検討。
QC活動7
実施した内容について、効果を確認します。
QC活動8
効果が確認できたら、標準化と管理の定着を行います。
QC活動9
反省点などをまとめ、さらなるPDCAサイクルを回します。
  • 活用をお考えの方
  • WEBお問合せ
  • お電話はこちら 受付時間9:00〜18:00 お気軽にお電話下さい
  • tel:0120898450